冷蔵庫の搬入で壁に傷穴をあけられた。業者との戦い。

冷蔵庫搬入01

家電・家具などの搬入・搬出を予定している人へ

業者にミスがあったなら・・・
最後のサインする書面にミスの事を忘れず記入してもらっておきましょう。

ああ!よかった。
言って、書いてもらっていました。傷穴あけた事が何も書かれていなかったので。

冷蔵庫搬入02

この記入一つがなかったら、搬入業者の社長との戦いで逃げ切られていたかもしれません。
それにしても、対応が最悪でした。 言い逃れの担当者、のらりくらりの社長、違う壁紙を持ってくる修理業者・・・。
なんだかんだで、元の状態に戻るまでに2週間かかりました。

--体験談--
妻が早めの口調で言いました。
「壁に穴があいてる。」

ん? 確かにあいています。

冷蔵庫搬入03

場所は冷蔵庫の置き場所でした。
冷蔵庫の入れ替えでこれまで使っていた冷蔵庫を業者が運び出した時の事でした。

私はそうなんだ、冷蔵庫で隠れるしそのままで良いのではと思いました。
が、妻はそうでもない様子なので、業者に伝えました。
業者は、
「いや、特に何もしていないので。これは、前搬入されたときかもしれませんね。」と眉間にシワを寄せています。

確かに、今回あけられた証拠が無い。「証拠が無いからなんとも・・・。う~む」と、私が言うと。

妻は、業者に食い下がりました。

「前搬入されたときは、すっと、入れただけなので・・・」
「それに、右がわが壁紙が剥がれている・・」

冷蔵庫搬入01

なんだ? どうしてこうなった?

妻と私は、外に運びだされた冷蔵庫を見に行きました。

あっ・・・
冷蔵庫搬入05

突起があったのか。で、左は折れてなくなってる。

折れてなくなった突起は見当たらないけど、壁の左側は突起で穴があいたのか。

業者に私から、 「突起があったということはやっぱり、前回搬入時のときにすっと入れただけでは、穴が開かないのでは・・・。」

業者は、「いやぁ、前回どういう入れ方したかまではなんとも・・・。特にこちらは何もないので。」とあきれたように言います。

あっ!・・・穴の位置・・。そういえば今回、業者が搬出するときに冷蔵庫を斜めに傾けて冷蔵庫の上の部分が壁に近かった。

穴の位置で今回か前回かわかりそうです。
業者に言いました。
「穴の位置で分かりそうですね。」
「前回はすっとスライドして入れただけなので、前回だとしたら冷蔵庫の突起と同じ高さに穴が開いてるでしょうけど、  もし今回なら、冷蔵庫の下から測った突起の位置より下の位置に穴があいてるという事ですから。冷蔵庫斜めにしてましたよね。」

業者:「え?それは・・」

私は妻に「斜めにしてたの見てたよね?」というと、「見てた」と答えたところで、急いでメジャーを取りに行きました。

測った結果・・・。床から穴の位置が、地面から冷蔵庫の突起までの高さより3センチ低かった。

今回、来ている業者がつけた穴だと分かった

今回、来ている業者がつけた穴じゃないかい!

このことを伝えると、搬入担当者は携帯で会社に連絡をし始めました。

明らかに今回の業者のしわざだと分かったので、 「最悪、キャンセルだね!最悪、量販店に言ってキャンセルだね!」と担当者に聞こえるように妻に話しました。

もう、kakkau.comの最安値からさらに約1万円値切ってゲットした冷蔵庫だけれど、もうそんな事どうでもよくなっていました。

搬入担当者が電話を終えて「壁紙張り替えさせていただきますので、この件は後ほど会社から連絡しますので。」となりました。

担当者が帰るときに、報告書にサインするのですが、その書類をまじまじと見ました。

今回の問題について作業報告書に何も書かれていないではないか!

私:「あれ、今回の壁のキズについては・・?」
担当者:「ええ。」
私:「壁のキズについては、何も記載がないので・・・これはどうなんですか?」
担当者:「ええ、そうですね。」
と言って、やっと担当者は「カベ、キズ有」と書いて、「問題あり」に丸をつけたあと、その横にポンッとドットを書きました。
この丸の横のドットが「しかたねぇなぁ」という心を表していると思う。

そう私は勝手に被害者妄想をしました。

冷蔵庫搬入06

その後、量販店の販売担当者にも状況を話し、量販店からも言っておくとの回答をもらいました。

が、あまり効果がないようです。

その後、搬入業者の社長から電話連絡が来たのですが、のらりくらりの対応。修理代は出しません。

修理代を払ってくれる様子がありません。
「どういう状況だったかと言うのもありますし」
「修理業者の手配はさせていただきますので」と修理代を払う意思を見せません。

どのくらいだったでしょうか。。長らくお互い冷静だったと思いますが、話を続けて・・・ 「穴の位置とはいえ、うちのものは特にやっているとは言っていませんでしたし。」と社長が言った時に
「いや、やった事も認めて、修理させていただく旨もいっていたので」と言っても、のらりくらり。
その後、「最後の書類にもキズつけた旨を書いていただいていますし」と言った瞬間に コレまでの態度が急変して、「あ、ええ、こちらで払うということです。そういう意味ですので。」と言いました。

支払いこっち持ちの空気漂わせていただろ!と心の中で思いながら 、「あ、ああ、そういう意味だったのですね。理解できていませんでした」といって日取りなど話し合って電話を切りました。

最初に報告書の控えにキズ有りって書いてある事を伝えれば時間の無駄が無かったようです。

冷蔵庫搬入02

手配された壁紙張替え業者が間違った壁紙を持ってきた

その後、手配された壁紙張替え業者が現場調査にきて、その後、張替えようの壁紙を持ってきました。

違う!

違う壁紙をもってきました。

もってきた方は、「一緒だと思いますが・・・」と。でも、明らかに違う。色も暗い。柄も、なぜか少し和テイスト。
3人で来ていたのですが、機転を利かせて1人の方が壁紙の型番わかりますかというので、 家の仕様書を引っ張り出してきて、壁紙の型番を伝えました。

という事は一回目の現場調査で型番を伝えておけばよかったのか。私はいなくてどんなふうだったかわ分かりませんが。 業者が見て、ハウスメーカーやらを聞いて、「OK、同じ状態に戻す」と言えば、私も壁紙の型番など伝えなかったと思われます。

やっと張替えられたのは搬入した日から2週間後となりました。 冷蔵庫搬入07
(張替えの様子)

今後も同じ事があったらこの経験を思い出すと思います。

次、搬入・搬出をする時に気をつけようと思います。

・冷蔵庫・家具・洗濯機・なんでも搬入したときに業者がミスったら、最後の書類に書いてもらう事を忘れない。
・修理の現場調査が来たら、同じものの型番を伝える。

それから、
・「前の業者がキズつけていますので、疑っているわけではありませんが、向きを変えるときなど注意をお願いします。」

などとひとこと言っておけば、未然に防げたかも知れない。だとしたら、そういうのをやっていない自分のせいなんじゃないのと言われそう。

こうやって名を連ねられるんでしょうね。
 →言い逃れの担当者、のらりくらりの社長、違う壁紙を持ってくる修理業者、監督しない家主・・・。

はぁ。次、思い出します。