届けてもらった家具が不良品だった!やっておいて良かった事

不良品の家具が届いた

やっておいて良かった事は単純ですが、ただ、念入りに納品された品に問題ないか調べただけです。(汗)

○ワゴンにキズ

リビング用のデスクを届けてもらいました。 冷蔵庫で壁を傷つけられたばかりだったので、最後のチェックは気を引き締めて挑みました。 あっ・・・デスクサイドに置くワゴンの引き出しに傷ついてる。

不良品の家具が届いた

「ここに傷が・・・これは、受け取れませんね。」

不良品の家具が届いた2
(設置の様子)

冷蔵庫搬入のトラブルで量販店手配の搬入業者の対応が悪かったので身構えました。

帰ってきた答えが・・・

「あ、これは再度お届けしますので。日程は再度連絡させていただきます。」と即答。

拍子抜けしました。また、島忠で買うと思う。


○デスクの脚に変な模様が・・・

設置業者さんが帰った後に妻が・・・

デスクの脚に変な模様が付いてる。

う~む。製造工程で接着剤などが付いて変色したのだろうか?

不良品の家具が届いた 虎斑

不良品の家具が届いた 虎斑2

ま、遠くから見たら分からないし。近くで見ないし。いいんじゃない?と妻と話たのですが、その日眠れず・・・
気になって気になって。

夜中の2時に起きて、写真をとりだした。
島忠に見せようと思いまして。

で、調べたところ、この模様はむしろあったほうが良いものだとの説明をみつけました。虎斑というらしい。

「オーク材の特徴的な木目のひとつに、虎斑(トラフ)と呼ばれる木目が入る可能性あります。 真直ぐな木目である柾目に帯状に出て、大きく虎の毛のような模様に見えるためにこのようによばれます。 虎斑は他の組織とは違い光沢があります。高級家具の材料として、昔から重宝された木目になります。」
出展:http://www.flannelsofa.com/shop/strand_attention.htmlの「虎斑 (トラフ)」より

虎斑があったほうが高級というのは売り手の販売作戦なのかもしれないのですが、 今ではまったく気になりません。

妻に聞いても気にならないと言っていました。

オーク材の家具を買う方で虎斑 (トラフ)が気になる方は、買うときに、虎斑なしのものを届けてもらう事は可能か 聞いてみても良いかも知れません。ちなみにナラ材でも見られるそうです。


○悪い事が続く

妻:「悪い事が続いてる。」

ワゴンにキズが見つかった時の妻との会話です。

(数ヶ月前に冷蔵庫の搬入トラブルがあった。(冷蔵庫の搬入で壁に傷穴をあけられた))

ポット:「人生、いいこと半分。悪い事半分。」

と自分に言い聞かせました。