家購入金額検討(希望金額が妻と900万円以上違う)

家購入金額


「家は一生に一度の買い物」と妻がいいました。

私は「テレビや雑誌で聞くようなフレーズがこの人の口からもでた」と思いました。

私は給料不払いになったり、会社をウツで休職した経験から「出来るだけリスクをとりたくない。いつ又、収入が無くなるかわからない。」と思っています。 妻に「給料もすぐに上がるというわけには行かないし、1500万円の中古建てはどうか。」と聞くと、 妻は「家は一生に一度の買い物だし、後悔したくない。私も働く」といいます。

働く事は反対しないけれど、ローンの負担が増える事を思うと気分が暗くなりました。

妻が家購入の話をし始めてからというもの、会社から帰ると、食卓に物件のチラシが置いてありました。 金額を見ると2400万~3000万円くらいでした。

ネットで検索すると「家の購入金額の目安は年収の5倍」との情報が多く見受けられました。
そのとおりに計算すると私の場合、1980万円となります。
私、30代前半の給与年収は額面で396万円です。
インターネット副業で稼げた月3万円がありますが、これは安定していないので含めていません。
また、安全をみて妻の収入は含めないで計算しました。このタイミングでは妻も働いていましたが、子どもが生まれたら働かなくなる事を考えた結果です。

そうすると、妻の希望金額は、私の給与年収の5倍の金額を400万円~1000万円も超えています。
妻の希望額、2400万~3000万円は難しい数字です。

私の希望額は1500万円です。

妻の希望金額との差が900万円以上あります。 どうしたらよいものか・・・



家の金額を決めるには、「家を買う理由・目的」を明確にする事が有効な気がしました。

そもそも、私達はナンデ家を買うのだろう?