家の購入金額を決めるために (家を買う理由)

家の希望金額の差が妻と900万円以上違います。私は1500万、妻は2400~3000万円です。
私たちには幾らの家が必要かを知るために「家を買う理由」を明確にしてみることにしました。


その結果、以下の2つとなりました。

発言者理由
私・妻①子供が出来て狭くなった
②老後、定額の家賃を払い続けられるか不安

この理由が出たので妻に言いました。

「この2つの理由なら1500万円の家で実現できる」

すると、妻は 「汚いところに住むんなら、今のままでいい(怒)」と言いました。

妻の希望は新築で価格も高くなりますが、お金があれば私も新築に賛成なのです。

けれど、家の購入に積極的になれませんでした。妻からの家購入の話にものらりくらりでした。

そんな感じのまま、月日は流れました。

最初に家の話がでた2008年11月から、4年が経った時でした。

妻がキレたのは。