高すぎる諸費用を100万円は節約した記録【節約内容編】

家購入諸費用高い


家の購入で、実質100万円は節約しました。

結論としては、私が節約した方法は仲介店ではなく、売主から直接購入した事でした。

これを聞いて思うのが、売主直売だとしても、仲介手数料並みの金額が物件価格に上乗せされてるんじゃないの?という事です。それにしても、 私が見てきた仲介手数料は非常に高く、さらに、私が売主から買った物件も仲介から買っていたとしたら、 さらに仲介手数料が上乗せされたことと思うので、やっぱりこの方法で買ってよかったと私は思っています。


【諸費用節約の画像】



最初に訪れた仲介A店で紹介された3000万円の物件は、諸費用242万円と言われました。
私が最終的に購入した2880万円の物件の、諸費用は27万円でした。売主から買いました。

215万円も差があり、27万円は安すぎると思われるかもしれません。

その理由は見積もり時の条件が仲介A店の時と違うという事もあります。
条件の違いは住宅ローンの有無、火災保険料の有無、固定資産税の記入あり・なし です。

この条件の違いを考えなかったとしても、約100万円、節約になりました。
売主から直接買うことで、仲介手数料が無くなった分です。

また、これは節約とは言えない気がしますが、経験談で説明をする便宜上伝えておくと
住宅ローンを利用しなかったことで、約66万円の支払いが無くなりました。
66万円は仲介A店の見積もりからくるものです。 2250万円の借り入れ条件で、ローン保証料 ・保証会社事務手数料・印紙代・表示登記費用を支払った場合の金額です。
これらの費用が無くなりました。

住宅ローンを利用しなかったことが節約とまで言えるかは疑問です。

家の購入検討を始めてから、購入するまでの6年間に504万円家賃を支払っているからです。
住宅ローンを支払って購入していれば家賃の支払いはありません。

実質節約できたのは、仲介手数料が無くなった分の100万円だけと思います。
そのため、仲介手数料をなくした体験談についてスポットライトをあててこのページに残しておきます。
ただ、住宅ローンを使わず現金一括購入を検討している人も、住宅ローンを使わないとどのくらい安くなったのか参考になるとは思います。 体験談の「【節約内訳】」をみると手っ取り早いです。

ちなみに、売主から直接買わなくても、手数料が無料になり、その上建築診断を無料でしてくれる業者があります。

私はその業者を業者を使いたかった買ったのですが・・・
その業者と電話した体験談と使えなかった理由を含め、残しておきます。


■■体験談■■

売主から買ったら諸費用が安かった

初めて、家を探しに妻と出かけました。
一戸建て・マンション / 新築・中古を決めず探し始めました。

駅前の大手不動産仲介会社のA店です。

営業マンに条件をつたえると3000万円の物件を購入した場合の諸費用を出してくれました。

242万だというのです。

物件と諸費用で3242万円です。

初めて見積もりを貰って他と比較することも出来ません。

ぼったくられていないかな?と不安になりました。
(後になってみれば、私が最終的に家を買ったときに払った諸費用と比べると高すぎたことがわかりました。)

仲介A店の諸経費242万円の内訳はこうでした。
-----------------------
物件価格:3000万円(税込)
諸費用: 242万円

○諸費用内訳

ローン保証料 約500,000円
保証会社事務手数料 31,500円
印紙代 30,200円
登記費用 約400,000円
表示登記費用 105,000円
仲介手数料 1,008,000円
固定資産税 約50,000円
火災保険料 約300,000円
合計 2,424,700円
-----------------------

一応、同じ内容ですが、仲介A点にメールでもらったワードの画像も載せておきます。
クリックで大きくなります。



次に、比較するために話が一気に飛びますが、
その後売主から購入したときに私が払った諸費用は27万円でした。

内訳はこうでした。


-----------------------
物件価格:2880万円
諸費用:27万7719円

○諸費用内訳

ローン保証料 0円
保証会社事務手数料 0円
印紙代 0円
登記費用 27,7719円
表示登記費用 0円
仲介手数料 0円
固定資産税 (※1) 0円
火災保険料 (※2) 0円
合計 27,7719円
-----------------------

(※1) 別途7万円支払っています。
(※2)自前で用意しました。

一応、同じ内容ですが、売主にもらった画像も載せておきます。
クリックで大きくなります。


写真は「(概算)」となっていますが、最終的にこの金額を支払いました。念のため支払った領収書の画像です。


正確に言うと国が算出した固定資産税7万円は277,719円とは別に払っています。

仲介A店と最終的に購入した売主の諸費用を比較して220万円ほど安くなりました。

参考までに、以下に仲介A店と比較し安くなった内訳です。

【節約内訳】------------------------

  •    直接売主より買った →仲介手数料の約100万が無くなる
  •    住宅ローンを使わなかった →ローン保証料 ・保証会社事務手数料・印紙代・設定登記費用を合わせた約66万が無くなる
  •    登記費用が安くなった。→40万5千円が27万7千円となった。→約13万分安くなった。
  •    (※1)固定資産税はこの見積もりには乗っていないので見かけ上節約できているように見えているだけです。 別途7万円払っています。国が算出するもので、節約はできません。仲介A店の5万円よりも高くなりました。
  •    (※2)火災保険は自前で用意しました。
-----------------------------------------
※設定登記を10万円として計算しています。
※登記費用は仲介A店でも交渉などで安くなったかも知れません。

物件価格が仲介A店の3000万円と売主の2880万円では4%の価格差があります。
2880万円の物件の仲介手数料で考えると、単純計算で4%減じて、96万円です。

それでも私には大きい数字でした。



売主から買おうと思ったきっかけ

家を探す際、最初に仲介A店に行き、高い諸費用を見てから疑問を持ちました。

「そんなに諸費用って高いのだろうか」

インターネットで調べて、安くする方法を知りました。このページのとおり、売主から買うという情報です。 その方法を実践することにしました。

次のページはその実践体験談に続きます。